読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渥美和弘の雑学ご紹介ブログ

渥美和弘の雑学ご紹介ブログ

渥美和弘 クジラが陸上で生きられない(すぐ死ぬ)理由

渥美和弘です。皆様こんにちわ。
本日も雑学をご紹介します。
渥美和弘 クジラが陸上で生きられない(すぐ死ぬ)理由

 

クジラが陸上で生きられない(すぐ死ぬ)理由

クジラ

父「クジラって哺乳類だから空気を吸って呼吸しているんだよ。」

子「なら陸でも生きられるよね?」

するどい質問を返され言葉に詰まる父。
アザラシは陸で休む。クジラはそういえば、よく打ち上げられて死んでるな・・・。

父「生きられないみたいだよ。なぜかは知らないけど。」

子「なんで?なんで?なんで?なん(ry」

黙らせるために続きを読んでおこう。

クジラはなぜ陸上で生きられないか?

クジラ解剖図
※クリックで画像だけ表示します。

クジラは陸上だと体重により内臓が押しつぶされて、呼吸ができません。

というのが答えなんですが、もう少し詳しく。

クジラは基本は水の中にいるので、水圧は全身からほぼ均等に加わります。
それが、陸上だと気圧が上から下へ、そして体重が加わる。
これにクジラは耐えられないものです。

陸上に上がると呼吸ができないので、わずか数分で絶命してしまいます。
ただ、時々助けられているクジラがいるので、状況によって変わるとは思います。

海でも陸上でも上手に生きる哺乳類もいますが、どちらもやや中途半端な性能です。
クジラは陸を完全に捨て、海に特化して進化した哺乳類。
陸を捨てたため、巨大な体を手にいれた。

この決断力。見習いたいものです。

以上、クジラが陸上で生きられない(すぐ死ぬ)理由でした。

本日はこの辺りで。渥美和弘でした。