読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渥美和弘の雑学ご紹介ブログ

渥美和弘の雑学ご紹介ブログ

渥美和弘 東京でおいしいとんこつラーメン

渥美和弘です。

東京でラーメンを食べると言ったら何味でしょうか?

ひとそれぞれでしょうが、醤油あたりが多いような気もしますね~

しかし!そんな東京でもとんこつのおいしいお店がるのです!

本日は、おいしいとんこつのお店をご紹介します!

東京で食べられる極旨とんこつラーメン人気店3選。濃厚とんこつはココで!! 

 

東京は世界有数のグルメ都市。ココにないものはありません。もちろん、日本人が大好きなラーメンだって!昔ながらの東京ラーメンにかわって、大きく人気を集めているのが、とんこつラーメン。九州からやってきた極旨とんこつはクリーミーなスープが東京人の胃袋を、ギュッとつかんじゃいました~。

1.田中商店

東京で濃厚とんこつラーメンなら、やはり田中商店。スープは臭みが多少残っていますが、これがとんこつの風味というものでしょう。塩分もそれほど強くなく、とんこつが苦手という人でも飲みやすい。このスープは60時間かけて出来上がるんだそうです。それだけにクリーミー。

麺は、正統派の細麺。ハリガネ、バリカタ、ふつう、柔でオーダーできます。最初は普通くらいで頼み、次の替え玉はバリカタでお願いするとちょうどいいかな。替え玉になったら卓上の紅ショウガやゴマや、辛子高菜を入れましょう。辛子高菜は激辛なので、入れすぎにご注意!

■ 基本情報

 

2. 屯ちん(とんちん) 池袋本店

九州のとんこつラーメンはあまりにもおいしいので、東京では独自に「東京とんこつ」なるものがどんどん派生して進化しています。屯ちんではとんこつスープをベースに濃口醤油でうまみを引き出し、豚や鶏、野菜でじっくりと炊きだしています。コクがあるのにさっぱりした口当たりが特徴です。

麺は中太ちぢれ麺。これも本場とんこつと違いますね。独自に編み出した配合小麦粉を使って、手もみを加えた自家製麺です。具はチャーシュー、メンマ、海苔にネギとシンプルに王道。ネギがあるところが、東京っぽいですね。

丼にはけっこう背脂が入り、これも九州とんこつとは違う点です。こんなに背脂があるとちょっとくどいかなと思うんですが、あっさり感もありますよ。バランスのいいスープと麺なので、うっかりすると完食&スープ飲み干しということになっちゃいます。

■ 基本情報

  • ・名称: 屯ちん(とんちん) 池袋本店
  • ・住所: 都豊島区南池袋2-26-2 
  • ・アクセス: JR池袋駅東口、西武口より徒歩5分
  • ・営業時間: 11:00~23:00 
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 03-3987-8556
  • ・公式サイトURL: http://foodexgroup.com/brand/#tonchin

 

3.無鉄砲 東京中野店

新青梅街道を車で走っていると、目につく大きなの連と赤ちょうちん。無鉄砲 東京中野店です。京都や木津川に本店がある奈良発の人気店!麺の固さやスープの濃度、ネギの量を増減できます。グループの系列店がシドニーにも出店している、今大注目なんですよ♪

とにかく濃厚なスープ、完全ドロドロ系です。国産とんこつと水で煮だしたスープはコラーゲンがたっぷりです。この濃厚さではおそらく定番の細めんでは太刀打ちできず、中太ちぢれ麺で加水率も高めです。具はネギ、海苔、チャーシュー。しかしスープが濃厚なので、ときには具が沈んでしまっていることも(笑)。

食べているうちに無料の追いスープがもらえます。こちらは魚介系スープとあっさりとんこつスープの2種類から選べます。魚介系スープを頼むと、一気に魚介になるのが一層おもしろい!エンタメ系ラーメンと言えましょう。

■ 基本情報

  • ・名称: 無鉄砲 東京中野店
  • ・住所: 中野区江古田4−5−1
  • ・アクセス: 西武新宿線『沼袋』駅(北口)徒歩8分
  • ・営業時間: 昼の部11:00-15:00、夜の部18:00-23:00(売切れ次第)
  • ・定休日: 月曜日(祝日祭日の場合営業)
  • ・電話番号: 03-5380-6886
  • ・公式サイトURL: http://www.muteppou.com/

とんこつが食べたくなりますね!

ぜひ食べ比べを行ってみたいものです!

ぜひ関心のある方はラーメン巡り決行してください!

それでは!

渥美和弘がお送りしました!