読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渥美和弘の雑学ご紹介ブログ

渥美和弘の雑学ご紹介ブログ

渥美和弘 仏像を見て癒されよう

渥美和弘がお届けします。

今日は仏像を見て癒されましょうという名の下お送りします。

どの仏像様もとても穏やかな顔つきで癒されますが、

そんな中でも仏像様のスタイルで癒される。。。

和むといったものがありましたのでご紹介します。

まさかの体勢!完全に"さぼってる"としか思えない大仏を発見!こんなとこで寝てたとは。

日本国内には様々な大仏がありますが、大仏によってポーズが違うことに気がついていましたか?そのポーズにも様々な意味があるようです。ですがどう見ても「さぼってるでしょ!」と突っ込んでしまいたくなる大仏が群馬にあるということなんです。一体どこでさぼっているのでしょうか…?

さぼってるってどういうこと!?

基本的に大仏様というのは胡坐のような体勢で、片手の手のひらを仰向けに足の上に置き、もう片方の手を縦に立ててお祈りをするポーズをしているのが普通です。

ですが今回ご紹介する大仏様は、なんと寝っ転がっているというのです!しかも手は頭の下にあるということで「バイトでサボっているように見える」なんて声も!確かにこの姿は、少々気だるそうです…!思わず「起きて~!」と言いたくなります。

道の駅の裏側で寝ています!

どうやら群馬県みどり市にある「草木ドライブイン」という道の駅の裏側で、さぼっているようです。裏側というところがよりサボっているように見えてしまう原因かもしれませんね!また道の駅という誰でもちょっと寄っていこうという場所にいるなんて…なんだか不思議です。

さらには亀の上で寝ているというところも、さぼっているというか、なんだか平和な気分にさせてくれる大仏様ですね。

この大仏様、レプリカなんです!

実際には「寝釈迦様」と呼ばれていて、この大仏様自体は本物ではなくなんとレプリカだというのです。本物は二子山の麓にいるらしく、見ることができないのだそう。

貧乏神追放神社も!

こちらの道の駅には、寝ている大仏様の他にも「貧乏神追放神社」という変わった神社もあるんです!"貧乏神出て行け"と心で唱えてご神木を蹴ると、貧乏神が逃げて行くと言われているユニークな神社。貧乏に困ったら行くと良いかもしれません。

どうでしょう。。。

こちらまで心がまったりしてきました笑

雄大な自然などで癒しを得るのもいいですが、

人の信仰心からなる仏像様を見て癒されるのも

一興ではないでしょうか?

以上、渥美和弘でした。