読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渥美和弘の雑学ご紹介ブログ

渥美和弘の雑学ご紹介ブログ

渥美和弘 東京でリスと触れ合おう

渥美和弘がお伝えします。

皆さんリスはお好きでしょうか?

ふわふわしていてとても癒されますが、

なかなか触れ合える場所ってありませんよね。

そこで今日は、東京でリスと触れ合える場所をお伝えします!

かわいすぎてつらい。リスと触れ合える都内近郊のスポット3選

 

小動物がかわいすぎてつらい!今回はリスと触れ合える都内からいける範囲でのスポット5選をご紹介します。 あなたもリスたちに癒されてみてはいかがでしょう?

1.町田リス園(東京都)

 

約400頭のタイワンリスが放し飼いされ、2,500平方メートルの敷地内を自由に行き来しています。園内で販売している餌を与え、触れ合うことができるのがポイント。人を怖がらないリス達は、当たり前のようにお客さんに触れてくるので、汚れてもOKな服装で行きましょうね!

おすすめポイント:餌をあげて癒されよう

  手に乗ってくるので、ヒマワリの種をあげて癒されましょう♪

f:id:takkunn05010:20160829155229p:plain

  • ■ 基本情報
  • ・名称:町田リス園
  • ・住所:〒195-0071 東京都町田市金井町733-1
  • ・アクセス:JR横浜線小田急小田原線「町田」駅より、
  •       神奈川中央交通バス「本町田経由鶴川」行き、
  •       または「野津田」行きバス約15分、「薬師池」下車。
  • ・営業時間:10:00~17:00(3/16~10/15)
  •       10:00~16:00(10/16~3/15、12月を除く)
  •       10:00~15:00(12月中)
  • ・定休日:火曜日(祝日にあたる場合は次の平日)
  •      6・9・12月の第1火曜~金曜日年末年始(12月27日~1月2日)
  • ・電話番号:0427-34-1001
  • ・料金:大人(中学生以上)400円小人(3歳以上)  
  •              200円団体20名以上および障害者      大人300円 小人100円
  • ・リスの種類:タイワンリス/アカリス/エゾリス
  • ・公式サイトURL:http://www.machida-risuen.com/

2. 鎌倉市内(神奈川県)

 

野生化したタイワンリスは、市内の色々な場所で頻繁に見られます。特に観光名所でもある鶴ケ岡八幡宮長谷寺での遭遇率はかなり高いんですよ!藤沢市では、人気観光地の江ノ島でも見受けられるのだとか。かなり人に馴れているので、観光客の前でタイワンリスの素の姿を披露してくれます。

おすすめポイント:あらゆるところで出会えます!リス関連のお土産もあり♪

街中で会えるので楽しみにいってみてくださいね!リス関連のお土産グッズもあります。

鎌倉の明月院にはじめての訪問だったのですが、紫陽花と竹林がとても美しかったです。本堂から見る裏庭も素敵で、リスやウサギにも会えるので非常にオススメなスポットです。http://t.co/56c1bgWhrv

f:id:takkunn05010:20160829155356p:plain

■ 基本情報

  • ・名称:鎌倉市周辺
  • ・住所:神奈川県鎌倉市周辺/藤沢市周辺
  • ・アクセス:JR横須賀線「鎌倉」下車。または、江の島電鉄各駅など
  • ・料金:無料(ただし、施設によっては拝観料が必要)
  • ・リスの種類:タイワンリス

3.「りすの家」(埼玉県)

 

さいたま市の市民の森に「りすの家」があり、無料で入れます。約2,000平方メートルの敷地内には、300頭余りが放し飼いで、他にニホンリスやエゾリスもいますよ。熱帯温室や芝生広場などがあり、子供動物園のどうぶつひろばでは、様々な動物とふれあうことができます。

■ 基本情報

  • ・名称:さいたま市・市民の森 りすの家
  • ・住所:〒330-0025 埼玉県さいたま市見沼2-94   見沼グリーンセンター内
  • ・アクセス:JR宇都宮(東北)線「土呂」より、徒歩7分無料駐車場有り
  • ・営業時間:10:00~16:00(一部の施設は8:30~17:00)
  • ・定休日:月曜日(祝日にあたる場合はその翌日)12月29日~1月3日
  • ・電話番号:048-664-5915
  • ・料金:無料
  • ・りすの種類:シマリス約170頭/ニホンリス10頭/エゾリス5頭
  • ・公式サイトURL:http://www.go2park.net/photo/shimin_risu.html
 

こんなにもたくさんのリスたちと触れ合えるとは!

幸せですね!

直接触れることができるのも魅力的ですが、

服や持ち物にも直接くるので、よく注意されてください!

それでは!渥美和弘でした。